キャッシュローンを利用するには、年収はどれくらい必要?

貸金業法の総量規制

総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。消費者金融や信販会社のような金融機関を対象にしている貸金業法で定めている規制で、年収の3分の1を超える融資ができないのです。しかも自社だけではなく、他の金融機関の無担保融資の合計額なのです。

 

そのため、自分の年収の3分の1から、他からの借入金やキャッシュローンの限度額を引いた金額しか借りることができません。クレジットカードのキャッシング枠もこの対象になっていますから、知らないうちに総量規制の枠を侵食している可能性があります。

 

言い方を変えれば、安定した収入が見込めればキャッシュローンの利用ができるという事です。年収が低ければ融資限度額も低いですが、パートで働いている主婦が年収90万程度稼いでいれば、30万円程度のキャッシュローンの限度額をゲットできるのです。

 

銀行は適用されない

最近は銀行もキャッシュローンを提供しています。しかし、銀行は銀行法という貸金業法とは別の法律で管理されており、総量規制という融資制限はありません。そのため、銀行によっては年収の3分の1どころか半分程度の融資限度額を設定していることがあります。

 

銀行だけ不公平ではないかという事で、最近総量規制の一部撤廃が噂されていますが、現在ではこのような二重基準があります。借りようとする金融機関によって利用するために必要な年収が違ってくるわけです。

 

でも基準は同じ

とはいえ、銀行も消費者金融も、審査基準に大きな違いはありません。年収と家族構成などから算定した返済余力からいくらまで融資していいかを判定するのです。これを与信枠と言いますが、他の金融機関からの借入があれば与信枠から引いて融資限度額を算定します。

 

銀行も消費者金融も審査基準に違いはなく、年収によって融資限度額が決まるのです。いくら以上という基準があるわけではないのです。自分の年収に応じた融資限度額が得られるわけですが、大体の基準として年収の3分の1程度と覚えておけば、大きな違いはありません。