キャッシュローンは誰でも利用できるの?

働いている成人だけ

キャッシュローンを利用できるのは働いていて定期的な収入がある人だけです。また、申込は20歳以上と制限があります。クレジットカードとは違い、未成年がキャッシュローンを利用することはできません。

 

キャッシュローンを使う以上は返済しなければいけませんから、働いていて定期的な収入があることが前提です。もちろん働いていなくても、不動産収入などの収入が定期的にあればキャッシュローンを利用することが可能です。

 

キャッシュローンには審査があります。収入があれば誰でも利用できるという訳ではなく、他の消費者金融などに借金がある場合は利用できない場合があります。他にも借金がある人は、自社の借金が返済できないのではないかと思われるのです。

 

不可解な銀行

審査が堅いと言われている銀行でもキャッシュローンを提供しています。しかも、不可解なことに一部の銀行では、専業主婦でもキャッシュローンの利用ができるのです。専業主婦には収入がありませんから不可解です。

 

しかし、銀行はきちんと貸付金の回収手段を確保しています。審査では専業主婦をターゲッットにしているわけではなく、その旦那さんをターゲットにしているのです。キャッシュローンを申込む銀行に旦那さんの給与振込口座があれば審査もスムーズです。

 

消費者金融は、業法により年収の3分の1以上の融資ができません。しかし、そのような制限がない銀行であれば専業主婦に対する融資が可能なのです。ただし回収の見込みがあれば貸付は可能であり、旦那さんの信用があれば貸付が可能なのです。

 

信用が命

キャッシュローンは借金です。借りたお金はいつか返済しなければいけません。利率が高いキャッシュローンですから、利用後は繰上返済をしてできるだけ早期に返済することが大切です。そのような習慣をつけることで自分に信用が付くのです。

 

キャッシュローンは信用が命です。審査では信用情報機関に照会をして、過去に金融事故がある人は利用できないようにしています。信用の積み上げでキャッシュローンの利用ができることは忘れてはいけません。