「消費者金融」と「銀行系キャッシュローン」の違いとは?

消費者金融は独自判断で融資する

消費者金融とは、個人向け融資で営業している貸金業者の総称であり、素性不明な街金から株主に対して多くの情報を公開している上場企業まで幅広く存在しています。

 

それぞれ独自判断で審査を通しており、総量規制の縛りを守りつつも、銀行にはない柔軟な融資を行っているのです。

 

確実に回収できる相手にだけ貸し付けてきた銀行とは違い、一癖も二癖もある個人を扱ってきたことで、もはや銀行にはとうてい真似できない高い精度とスピードで、数をこなすレベルに達しました。

 

すぐにお金を借りたい方のニーズに応えられるのは、やはり消費者金融であり、近年のイメージアップによって安定した新規顧客の確保を果たしています。

 

銀行系は統一基準に従って判断

銀行系キャッシュローンは、銀行系列にせよ、銀行からの融資にせよ、グループとしての統一基準に従って判断しています。

 

銀行が資金提供している以上、消費者金融より審査基準が厳しくなる傾向にあるのです。

 

都市銀行はメガバンクとして統合されており、そのメガバンクがいる金融グループに加わった時点で、消費者金融であろうとも同等の品格と収益を要求されます。

 

事業の透明性などの理由で子会社扱いですが、融資内容をチェックされるから、ちょっと怪しいけどとりあえず少額融資してみることは難しくなるのです。

 

銀行系キャッシュローンの審査を通るには、審査基準が厳しいかどうかの情報収集が欠かせません。

 

金融機関によって特典が違う

社会的信用が高い銀行系キャッシュローンではなく、あえて消費者金融を選ぶ理由としては、他にはない便利なサービスがあることも大きいです。

 

たとえば、大手消費者金融は、審査が通りやすいだけにとどまらず、内部ポイントによる一時的な金利優遇や、返済金額の調整を会員画面で行えます。

 

それとは対照的に、金融グループに属している銀行系では、借入とは別の分野での還元や割引サービスが実施されています。

 

金利と審査で差が小さくなったことから、どの個人向けの金融機関も別の方面からアプローチしているのが現状です。

 

独立系の消費者金融でも、金融グループに入れなかった中堅は、これまでよりも厳しい経営を余儀なくされています。