銀行系キャッシュローンの特徴

原則的に銀行による個人融資

銀行系キャッシュローンは、基本的に銀行からの自由に使える個人融資のことを指します。

 

預金業務によって潤沢な資金がある銀行だけに、他の金融機関より低金利でありながらも高い融資限度額になりやすいのが特徴です。

 

一部には信託業務の傍ら、サイドビジネス的にキャッシュローンを扱っているところもあります。

 

貸し付ける資金の調達コストが安く済むので、低金利で貸し付けても十分に利益になる構造です。

 

個人からの債権回収をアウトソーシングする為に、大手消費者金融が保証会社となる契約内容が大部分を占めています。

 

銀行によって、キャッシング、カードローンなどに自行の名前や独自表現を付け加えた、様々な名称を用いています。

 

銀行系の定義によって範囲が違う

銀行系には、銀行が加盟している金融グループの系列という意味もあります。

 

この場合は、その金融グループの内部で資金を融通しているものの、利用者からは貸金業者とのキャッシュローンになるので注意しましょう。

 

貸金業者は総量規制の対象になってしまうので、年収が希望額のボーダーラインを超えていなければ、原則的にお金は借りられません。

 

元々、大手銀行が消費者金融の金主を務めていましたが、総量規制の関係で独立系が吸収され、結果的に銀行系に属性が変わったというのが実情です。

 

縛りがない銀行側の立場が強くなって、実績を伸ばしている個人向け融資を会社ごと取り込んで、意のままに動く子会社にしました。

 

銀行から借りれば総量規制の対象外

一口に銀行系キャッシュローンといっても、銀行名義で貸してくれるのか、それとも、銀行の子会社である貸金業者が貸してくれるのかで、全く意味合いが違ってきます。

 

前者なら、総量規制の対象外だから門前払いになる危険が低いですし、低金利でまとまった金額を借りられる可能性があります。

 

ところが、後者では、利用者としては特に関係ない系列の話であって、実質的には単なる消費者金融でしかありません。

 

遵法意識が高い銀行が監督している点では、自由に動ける独立系よりも安心感があると判断する方もいるでしょう。

 

ともかく、銀行名が入っているからといって、短絡的に銀行名義で借りられると考えることはやめた方が賢明です。