銀行系キャッシュローンとノンバンクキャッシュローン、どちらがおすすめ?

利率は銀行系キャッシュローンが有利

最近は銀行がキャッシュローンを取り扱うようになっています。テレビ宣伝でも俳優を使って大宣伝をしていることが多いようです。銀行系キャッシュローンは、調達資金のコストが安いので、銀行から資金を借りているノンバンクキャッシュローンより利率が低いです。

 

また、ノンバンクキャッシュローンと違い、銀行系キャッシュローンは、貸金業法の融資制限がありません。年収の3分の1という制限がないため、融資限度額を高く設定することができます。これは利率をより低くする効果がありますから、銀行系キャッシュローンの利率はより有利なのです。

 

ある程度長期間キャッシュローンを返済し続けるのであれば、利率は無視できません。ちょっと多額の借入をしようと考えるのであれば、銀行系キャッシュローンを利用することをお勧めします。

 

振込サービスがあるノンバンクキャッシュローン

これに対し、ノンバンクキャッシュローンは、独自のサービスが魅力です。最近では振込による融資サービスが人気です。自分名義の口座に融資資金を振込んでくれるため、コンビニATMに行く必要がありません。往々にして手数料も無料なので有利なのです。

 

銀行系キャッシュローンは、このサービスがありません。自行の顧客を相手にしていることが多いため、他行への振込は前提にしていないのです。利用するのであれば、銀行かコンビニATMを利用することになり、ちょっと不便です。

 

ノンバンクキャッシュローンを利用する人は、利率は不利なものの、少額の借入に徹している人が多いです。そのため、このような独自サービスがあるとずいぶんと助かることも事実です。また、業者によっては期間限定で無利息キャンペーンをしていることがあります。

 

一般的には銀行系キャッシュローン

一長一短に見える両者の比較ですが、一般的には銀行系キャッシュローンの方が有利です。融資限度額が高いため、利率が低くなります。融資資金を振込してくれませんが、コンビニATMなどでキャッシングして、そのまま自分の口座に入金すればいい話です。

 

銀行の強みは支店が多いことです。このことは利用できるATMの数が、ノンバンクキャッシュローンより多いことを意味しています。コンビニATMがあるではないかと言われるでしょうが、往々にして手数料が必要なのです。