ビジネスローンを組む際に知っておくべきポイント

商工ローンは事業者専用

ビジネスローンは、事業者ローンとも呼ばれており、自分の名前で事業を行っている方向けの融資です。

 

国家や地方自治体による公的支援もあるのですが、審査基準が厳しく、突発的な運転資金の借入としてはビジネスローンが主流となっています。

 

特に、多くの事業者に貸し付けてきた商工ローンは歴史が古く、これまでは事業者が保証人なし、無担保で借りるとなったら、ここに駆け込むしかありませんでした。

 

リスクが高い取引であっても、自己責任で行動できる事業者相手とあって、総量規制の対象外になっている点が、消費者金融と大きく違っています。

 

近年では、総量規制による先細りで、消費者金融もこのビジネスローンに本格参入してきました。

 

消費者金融なら任意に選べる

歴史が古いのならば、商工ローンから借りれば良いと考えがちですが、実際には玉石混交であり、悪質業者から借りてしまう危険もあるのです。

 

事業者専用で司法の手が伸びにくいとあって、高金利で貸し付けている業者も多く、業者選定を慎重に進めなければいけません。

 

その点、大手の消費者金融は信用が高く、比較的安心して借りられます。

 

個人名義で借りることも可能だから、事業者としてビジネスローンを組むのか、それとも、個人として生活費をキャッシングするのかを選べるのが大きなメリットです。

 

消費者金融ではオンライン化が進んでおり、一度審査に通れば、ログインするだけで口座振込をしてもらえる点も見逃せません。

 

事業用途に使える点が違う

ビジネスローンと個人のキャッシングは、事業用途に使えるかどうかで区別されています。

 

前者なら任意で運転資金に充てられますが、後者において事業用途に用いると契約違反です。

 

たとえば、事業者として審査を通っていれば、今月の事業の支払いがキツくても、ビジネスローンでお金を借りて凌げます。

 

ビジネスローンの種類によっては、設備投資などの大型の支払いにも使用できるのです。

 

個人のキャッシング審査が簡単なのは、毎月決まった給与をもらえるからであって、自分で稼いでいる事業者については事業の信頼性から審査されます。

 

個人事業主もビジネスローンを利用できますが、自転車操業に注意しましょう。