キャッシュローンとは?

非常事態の救世主

キャッシュローンとは、消費者金融などで小口の融資を受けるためのローンです。ローンカードを使って融資限度額の範囲内で利用と返済を繰り返すことで使い続けることができます。

 

お金がどうしても今日借りたい人にとって、キャッシュローンは救世主です。ローンカードを使いコンビニATMであっという間に借りることができますし、最近ではネットやスマホで指示をすれば自分の銀行口座に融資資金を振り込んでくれます。

 

初めて使う場合でも、審査スピードが速いので、申込をしたその日に融資資金を自分の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。キャッシュローンは審査をコンピューターでやっているのでこのような芸当が可能です。まさに非常事態の救世主となってくれる存在です。

 

使い過ぎに注意

キャッシュローンはこのように大変便利なのですが、その反面として利率が高いのが欠点です。最高で20%にもなる高金利なので、使いすぎに注意が必要です。限度額いっぱいまで使ってしまったらはっきり言って使い過ぎです。

 

最大でも限度額の半分程度に留めることで、いざという場合に残りの融資枠を使うことができます。必要な場合に限って使うのがカードローンの上手な使い方であり、高金利なので借りなくて済むなら使わないほうがいいのです。

 

キャッシュローンは口座維持手数料がいりません。使わなくても消費者金融などから文句を言われることはありません。消費者金融にとっては、使いすぎて返済遅延になるほうがよほど問題なのです。

 

繰上返済しましょう

高金利のキャッシュローンですから、利用したらできるだけ早期に返済することが大切です。契約する前に、その消費者金融は繰上返済がしやすいか、又は手数料の要否を確認する必要があるでしょう。

 

給料日前にちょっと足りないからとキャッシングを利用することが多いでしょうが、給料日には全額返済してしまったほうがいいのです。こうすることで、利息の支払額が少なくなるだけではなく、残高が増えすぎません。