クレジットカードのキャッシング機能とは?

申込は簡単

クレジットカードの申込をすると、よくキャッシング機能を付けませんかと宣伝されます。クレジットカードの限度額を確認すると、ショッピング枠とキャッシング枠と二つ設定されていることがわかります。

 

クレジットカードのキャッシング機能とは、クレジットカードを使ってお金を借りることができる機能です。クレジットカードは、通常買い物でしか使わないことが多いのですが、実はお金を借りることができるのです。

 

消費者金融のキャッシュローンは、申込の際に審査があります。最近はずいぶんとスピードアップされていますが、手続が必要なことには変わりありません。しかしクレジットカードのキャッシング機能であれば、クレジットカード自体の申込の際にチェックマークを付けるだけです。

 

利息は割高

もっともクレジットカードのキャッシングは、結果として利息支払額が高めになります。ただし、次回のクレジットカードの返済日に一括返済なので、残高が累積する心配がないという利点もあります。ただし、繰上返済ができないので、借りた日によっては2か月分の利息を支払う必要が生じる可能性があるのです。

 

消費者金融のキャッシュローンであれば、繰上返済を併用することで金利を低水準に維持することができますし、信用が高い人であれば金利自体低いです。そのため消費者金融のキャッシュローンの方が有利であると言えます。

 

キャッシュローンに集中させた方が賢明か?

クレジットカードのキャッシング機能は、無担保融資の限度枠を設定するものなので、消費者金融の総量規制を算定する際にチャージされてしまいます。つまり、消費者金融でキャッシュローンを申し込む際に融資限度額を減らし、金利を上げる可能性があります。

 

総量規制の限度額は大切ですから、できるだけ1か所に集中させた方が賢明なのです。ごくたまに1万円単位の借入しかしないというのであれば、クレジットカードのキャッシング機能は手軽で便利ですが、そうでなければ消費者金融などのキャッシュローンの方が有利だと言えそうです。