キャッシュローンのデメリットとは?

利率が高い

キャッシュローンは手軽に借りることができる反面、利率が高いと言う決定的なデメリットがあります。大手の消費者金融の場合18%が最高利率と言われていますが、収入証明書がいらない簡単な申込の場合はこの利率が適用されると考えていいでしょう。

 

利率が高いという事は当然毎月の支払額が増加することを意味しますから、できるだけ早期に返済することで利息を抑えることが大切になります。キャッシュローンは、便利ですが使い過ぎると自己破産等の危険性があると言うのは利率が高いことが原因です。

 

キャッシュローンの顧客は、銀行融資に比べると貸倒が多いです。気軽に借りることができるため、返済のことをあまり考えずに借りてしまう人が多いのです。そのため、返済日を忘れていたり、返済に必要なお金を確保していなかったりすることが多いのです。結果として、利率が高くなるのは仕方がないと言えるでしょう。

 

残高チェックは欠かせない

利息を抑え、支払不能を回避するためには、残高をチェックすることが大切です。キャッシュローンの利用は、必要最低限に留めることが大切なので、利用したらいつまでに返済をするかという計画を立てることが大切です。

 

利用したら、繰上返済が欠かせないわけですが、給料日などのようにお金が入ってきたら、最優先でキャッシュローンの返済をすることが大切です。極端な話ですが、給料の全額をいったんキャッシュローンの繰上返済資金にして、その後必要に応じて再度キャッシングするという方法もあるのです。

 

いずれにせよ、借りた以上は返済の必要があります。返済計画を立てることはキャッシュローンを利用したら必須です。

 

繰上返済がやりにくい

キャッシュローンを提供している消費者金融や信販会社によっては、肝心な繰上返済がやりにくいことが少なくありません。利用はコンビニATMで気軽にできるのに、返済は特定のATMでしかできないという事が少なくないのです。

 

このことは最初に契約をする際に確認する必要があります。キャッシュローンの申込は急いでいるため業者間の比較ができないことが多いのですが、繰上返済の可否は確認する必要があるでしょう。