フリーローンとは?

銀行の使途自由のローン

銀行の融資商品を見ると、フリーローンと呼ばれるローン商品をよく見ます。文字を見る限り何に使おうが自分の自由だと思われがちですが、オートローンや教育ローンなどのように使途が特定されていないという意味での「フリーローン」です。

 

最近はオートローンのような目的ローンの金利は、銀行間の競争もあり、どんどん下がっています。しかし、フリーローンの金利は案外下がっていません。銀行にとっては利息を稼ぐことができるいい商品です。

 

銀行のカードローンは、審査を系列の信販会社などに任せているため、審査は30分から1時間と超高速です。しかし、フリーローンは銀行自身で審査をするので、最低でも2日間はかかります。

 

目的を聞かれます

フリーローンという名前であっても、目的を限定しないという意味なので、目的や支出内容がわかる見積書などを提示することを求めることが多いです。銀行によっては、そのような提示がある場合とない場合で金利を分けているケースもあるほどです。

 

これは、何に使うかわからないような人にお金を貸すことはできないという、銀行の融資姿勢によるものです。最近は銀行でもカードローンを取り扱っていますが、銀行の審査基準であれば、あのようなローン商品は成立しないのです。

 

銀行によっては、融資を実行する際にオートローンなどと同様に、銀行自身で見積書などに記載がある業者に対して直接支払をすることも珍しくありません。銀行の融資なので、あまり甘く考えない方がいいのです。

 

消費者金融はもっと柔軟

消費者金融でも同様のフリーローンを提供しています。しかし、銀行と違い、使途はもっと柔軟であり、少なくとも請求書や見積書を提示させるようなことはありません。カードローンの延長上にあるローン商品なのです。

 

ただ、カードローンと違い、借りたら返済するだけであり、繰り返し利用するという事はできません。その反面、返済期間が決まっているので、カードローンのようにいつになったら返済が終わるかわからないという事はありません。