キャッシュローンは主婦でも利用可能?

収入があれば問題なし

最近は家庭の主婦の方でもスーパーなどにパートで働いている方が多いです。月に8万円程度なら旦那さんの扶養家族から外されることもありません。この場合年収100万円を下回りますが、それでも収入があればキャッシュローンの審査上問題はありません。

 

キャッシュローンの審査基準は、家庭の主婦でも同じです。消費者金融の融資基準をネットで見ればわかる通り、定期的な収入があれば融資できるのです。年収90万なら、20万から30万程度の融資限度額を受けることが可能です。

 

家庭の主婦の方には、旦那さんの信用情報に影響するのではないかと、心配される方もいらっしゃるようです。しかし、そのような事はありません。融資限度額の決定は一人一人に対して行われますし、夫婦であっても信用情報は別管理です。

 

専業主婦なら銀行でも可

とはいえ、不可解なのが銀行のキャッシュローンです。収入がないはずの専業主婦に対しても融資をするのです。もちろん融資限度額は最低限ですが、消費者金融では絶対にありえない融資をしているのです。

 

もっとも、銀行は専業主婦にしているとは考えておらず、旦那さんにしていると考えています。専業主婦の場合、家計を握っていることが多く、貸倒の心配はありません。旦那さんの信用情報をチェックすれば、融資の判断が可能です。

 

しかも、旦那さんの給与振込口座がその銀行にあれば、年収も勤務先もわかります。場合によっては社内の地位までわかることがあるのです。総量規制による融資制限がない銀行ならではの荒業です。

 

利用は最低限に

しかし、家庭の主婦にキャッシュローンはお勧めできません。パート収入があれば返済できるのではないかと言われますが、多くの場合家計費の足しになっているか自分のお小遣いのはずです。

 

収入自体少ないのですから、そこから返済資金を捻出することは簡単ではありません。毎月の返済額は少ないのですが、利息の支払にしかなりませんから、延々と支払い続けることになります。そのため、利用はお勧めできませんし、利用するとしても最低限にすべきなのです。