「ヤミ金」と「消費者金融」の違いとは?

ヤミ金は無許可の金融業者

ヤミ金は、官公庁に無許可で金融業を営んでいる、違法な業者です。

 

電柱の張り紙などに「お金を貸します。」という文言と、携帯電話の番号が書いてあるケースが代表的で、警察の摘発を恐れて、基本的に事業所の場所を隠しています。

 

反社会組織の資金源ともなっている為、決して関わりになってはいけません。

 

一般的な金融機関では融資を受けられない方が駆け込むので、そこにつけ込んで取り立てをするのが典型的な手口です。

 

自殺にまで追い込まれた被害者もおり、摘発してはまた別のヤミ金が出てくるという、イタチごっこになっています。

 

人の弱みにつけ込んだ融資だけに、信じられない高金利を提示されるのが一般的です。

 

消費者金融は正式な金融業者

消費者金融は、金融庁から営業許可を得ている、正規の金融業者です。

 

営業許可の登録番号はもちろん、どこに事業所があって社長が誰なのかも確認できます。

 

大手の消費者金融は、株式会社の形態を取っているので、法務局で登記簿謄本を入手することも可能です。

 

中堅の消費者金融には不透明な部分もありますが、やはり官公庁から認可を受けています。

 

主にサラリーマンに貸し付けていることからサラ金とも呼ばれているものの、闇でしか活動できないヤミ金とは全く違う立場の金融機関です。

 

ちなみに、大手の消費者金融は、いずれかの金融グループと深い関係を持っていることが多く、法律遵守の意識がより高まっています。

 

法律の縛りがない相手は危険

法律を遵守している消費者金融では、説明義務を全うしていますし、合法な金利の範囲内で貸し付けています。

 

それゆえ、時には審査不合格になってしまう事例もありますが、誰でも安心して利用できる金融機関です。

 

いっぽう、ヤミ金は何でもありの闇の住人であり、法律の縛りを無視した、えぐい取り立てを実施します。

 

周囲への借金の吹聴によって追い込み、さらに契約上は無関係なはずの親族の住宅にも押しかけるのです。

 

反社会組織と関係しているので、銀行口座の譲り渡しなどの他の犯罪への協力も要求される恐れがあります。

 

仮に、法律上の自己破産で免責になっても、ヤミ金を引き下がらせるのは容易ではありません。