医療費控除とは?

申告しないと適用されない

医療費控除とは、その年に支払った医療費が一定金額以上だった場合に、課税所得などを優遇する制度です。

 

所謂、税金の控除の1つであって、確定申告を通じて適用されます。

 

健康保険があっても、長期入院や、ガン手術などの高額な治療から人工歯への差し替えまで、人生には高額な医療費を支払わされる場面がいくつもあります。

 

国家が個人の医療費を考慮してくれる、せっかくの機会なのですから、忘れずにその年の確定申告で医療費控除を計上しましょう。

 

家族全員の医療費となると、この医療費控除を行うかどうかで家計のキャッシュフローに大きな差がつきます。

 

申告しなければ適用されない為、無知な方ほど損をする仕組みです。

 

意外に知られていない控除

個人が確定申告する機会は少なく、特に会社が年末調整してくれるサラリーマンが行うとなれば、住宅ローン控除か、この医療費控除の適用ぐらいです。

 

健康保険のサービスで、自分が何もせずとも自動的に還付されると勘違いされている方もいますが、実際には限られた期間内に所定の書面で、それも管轄の税務署へ申告しなければいけません。

 

お役所は不備なく作成された書面しか受け付けず、期限を過ぎるとシャットアウトするので、自分で調べて正しい確定申告をする必要があります。

 

医療費控除の単語は知っていても、具体的にどの費用が控除対象なのか分からない方が多く、そこで諦めてしまう場合も少なくありません。

 

個人に最も馴染み深い申告

医療費控除は、主に医療機関での医療費から支払われた保険金を引いた金額が対象です。

 

自宅から病院までの公共交通機関の交通費や、保険金の対象以外の医療費といった要素も絡んでくるので、不安ならば素直に自分の住所地を管轄する税務署の窓口か、有資格者の税理士に質問してみましょう。

 

不備があって税務署から呼び出されるのも面倒ですし、適用外の計上をして心証を悪くしてしまうのも損な話です。

 

税務署員が、正しい申告をしようと心がけている納税者を無碍にすることはありません。

 

話をまとめてからでないと、税務署員としてもアドバイスしにくいので、予め領収書などを整理して、いったん試算してから持ち込んでみるのもお勧めです。