キャッシュローンの審査基準は甘い?

甘そうに見えて甘くない

キャッシュローンの審査基準は、消費者金融ごとに違いがあり、「甘い」と言われている消費者金融があることも事実です。しかし「甘さ」の違いは、融通を効かしてくれる度合いを意味しているにすぎず、信用がない人に貸してくれるという事ではありません。

 

融通を効かせてくれるというのは、申込時に50万貸して欲しいという希望を出し、消費者金融側の与信枠が45万円の場合、両者の差額をどうするかという事です。45万しか貸さないか、5万円の差だからと50万円貸してくれるかの違いです。

 

大手や銀行のキャッシュローンであれば、45万しか貸してくれないでしょう。しかし、中小の業者であれば50万貸してくれます。そうしないと新規顧客が獲得できないという側面があるためです。もっとも、両者の差があまりに広いと対応してくれません。

 

総量規制の範囲は厳守

もっとも「甘さ」にも限度があります。消費者金融の場合、業法で年収の3分の1以上の貸付ができません。総量規制と呼ばれるこの融資制限に違反すると、自社が処分を受けるのです。

 

そのため、総量規制の範囲を超えた甘い審査はできません。銀行には総量規制がないのですが、基本的に銀行は「甘い」審査はしてくれません。甘いと呼ばれるのは中小の消費者金融にに限定されていると考えた方がいいでしょう。

 

信用に応じて甘さが決まる

キャッシュローン審査の「甘さ加減」は、その人の信用度合いによって決まります。コンピューター審査をしている大手では無理ですが、人の目で審査をしている中小の消費者金融であれば可能な技です。

 

また、大手の場合は与信枠を超える融資はしませんが、最初の申込では「堅め」の審査をします。総量規制以下の限度額しか提示しないのです。しかし、大企業の正社員など、信用が置ける顧客であれば最初から総量規制一杯の限度額を設定してくれます。

 

審査マニュアルに設定されているようなことであり、自社の融資基準以内であれば、このようなこともアリです。審査なので、最終的にはその人の信用によってすべてが決まるというわけです。