個人事業主が融資を受ける方法とは?

キャッシュローン審査は不利

個人事業主が消費者金融などのキャッシュローンの審査を受ける際、同じ収入であっても会社勤めのサラリーマンと比較すると、どうしても不利になります。これは収入が安定していないという事が理由であり、定期的に給料収入があるサラリーマンに比べたら仕方ないでしょう。

 

法人組織にすると、代表者して法人から給料をもらう立場になるため、話は多少変わります。しかし、自ら事業をしている個人事業主がキャッシュローンを申込む際は、事業の安定性を主張する必要があるのです。

 

更に個人事業主の審査が不利になりがちな理由として、確定申告書などの控を提示することを求められることもあります。すべての個人事業主が正直に確定申告をしているわけではありません。しかし、審査では確定申告書の数字しか審査対象にしてくれないのです。

 

事業用キャッシュローンの存在

個人事業主がキャッシュローンの審査で不利な理由として、家計と事業の区別ができないことが挙げられます。通常のキャッシュローンは、事業用資金として使う事を禁止しています。いざとなったら返済できない可能性が高いためです。

 

しかし、最近では事業用に特化したキャッシュローンがあります。大手信販会社や事業用融資を専門にしている金融機関が取り扱っています。融資限度額は総量規制の影響を受けないので、事業規模に応じて決定されます。個人事業主にはこちらがお勧めです。

 

生活と事業は分けよう

個人事業主は、生活費と事業を一緒にしている例が少なくありません。最近は帳簿をつけている個人事業主が増えましたが、まだまだ「どんぶり勘定」が多いことも事実です。このような場合、キャッシュローンの審査を受けても通らないことが多いです。返済能力が把握できないためです。

 

キャッシュローンなどの融資を受けるという目的もありますが、帳簿をつけることで生活費と事業資金をわけることで、資金の流れを把握することが可能です。自分のためにもなりますから、帳簿をつけて生活と事業を分けることをお勧めします。