「個人信用情報」とは?

金融機関が共有する個人情報

個人信用情報とは、個人がこれまでに行ってきた金銭の貸借の記録です。

 

個人信用情報機関が管理しており、初回利用者の返済能力を知りたい金融機関が多く加盟しています。

 

本来ならば外に出せない個人情報ですが、借金が返済されないのは社会的な損失ゆえ、公的なポジションの組織が管理することで例外的に許されているのです。

 

複数の個人信用情報機関が活動していますが、原則的にお金を借りた記録は全ての金融機関が調べられる状態となっています。

 

正規の金融機関は、金融庁から営業許可をもらった上で営業しているので、目的外で利用される危険はほぼ皆無です。

 

ブラックリストに載るとは

映画などでよく聞く、ブラックリストに載るとは、個人信用情報で延滞記録などがつくことです。

 

借りたお金を期日までに完済しなかったとなれば、新たにお金を貸してくれるところがないのは当然でしょう。

 

少額のキャッシング・ローンについては、あまり厳格に審査すると新規利用者がいなくなってしまうので、うっかりミスだろうと思えるレベルの延滞記録なら大目に見る場合もあります。

 

個人向けの少額融資では柔軟な対応があるものの、やはり延滞記録はかなりのマイナス要素です。

 

まして、自己破産による免責となったら、最低でも10年間はキャッシングすら困難になってしまいます。

 

ローンは確実に信用情報になる

個人信用情報は、基本的にローン・キャッシングの履歴です。

 

ゆえに、金融機関からお金を借りた場合はもちろん、携帯電話のショップで月賦払いを選択した場合も対象になります。

 

細かな支払いの延滞であっても、金融機関が個人信用情報機関に照会することで確認できる状態です。

 

自分の個人信用情報が気になる方は、個人信用情報機関に問い合わせをしてみることをお勧めします。

 

本人からの申し出に限って、個人でも個人信用情報を確認できるのです。

 

多少の手間と手数料はかかりますが、審査申し込み前に自分の個人信用情報をチェックできます。

 

なお、重要度が低い情報から少しずつ抹消されていく仕組みだから、審査申し込み等の記録は半年ぐらいで消えます。