キャッシュローンを利用する際の注意点

繰上返済

キャッシュローンは高利の借入です。そのため早く返済しないと利息の金額が増加し、自分の負担が多くなります。また、返済することで融資残高が減りますから、返済に困るようなことも起きなくなります。

 

そのためには、繰上返済をすることが必要です。キャッシュローンの返済を分割払にしている場合は、毎月の返済額が随分少ないと思われるでしょうが、これは利息程度の支払額にしか設定していないためです。

 

要するに繰上返済をしないと元本が減らないわけで、給料日前にちょっと足りなくてキャッシュローンを利用した場合は、給料日に全額返済しようなどと言われる理由です。繰上返済の方法は金融機関によって違うので確認しておくことが大切です。

 

支払遅延は絶対しない

ブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。支払遅延を長期間起こしたり、支払ができなくなって契約変更をしたり、自己破産などの法的整理をした事績のことです。これらの事績は信用情報機関に登録され、新規の借入などが一切できなくなります。

 

支払遅延を1回や2回した程度であれば、ブラックリストに載るようなことはありません。しかし、一度やってしまうと金融機関側も警戒します。将来増枠申請をしようとする場合に影響が出ますから注意が必要です。

 

また、万が一支払日に口座の残高不足があり、引落ができない場合は、相手から連絡がある前に自分から連絡をして指示を仰ぎましょう。振込口座を指定されるはずですから、最優先で振込を行うことが必要です。

 

キャッシュローン業者の選定

キャッシュローンの利用で一番大切なことは繰上返済ですが、消費者金融や信販会社によっては繰上返済がしにくいことがあります。利用はコンビニATMで自由にできても、返済は特定のATMでしかできないことが多いのです。

 

キャッシュローンを申込む際は、繰上返済のしやすさを確認し、繰上返済がやりにくいような金融機関には申込をしないことが大切です。また、利用時はATM利用手数料が無料なのに返済の時は必要という事もあるので、手数料にも気を付けた方がいいでしょう。