レイクのキャッシュローンの特徴とは?

銀行系キャッシュローンの強み

レイクいう名前の消費者金融が昔あり、現在は新生銀行のキャッシュローンのブランドとして存続しています。消費者金融ではないので、総量規制による融資制限がありませんから、年収の3分の1という枠を気にする必要はありません。

 

自分の信用があれば、年収の3分の1以上の融資枠をゲットすることができるのが銀行系キャッシュローンの強みです。融資枠が高いことは利率が低くなることを意味しています。他の消費者金融でキャッシュローンを申込む場合に比べて有利な借入ができることは間違いないでしょう。

 

新生銀行の店舗は全国に多くはありません。しかし、レイクの店舗や無人機は全国に多くありますから不便をきたすことはないでしょう。キャッシュローンの利用だけではなく、返済もコンビニATMで可能ですから、利便性が高いことも間違いありません。

 

ATM手数料無料

銀行系キャッシュローンの強みは、融資限度額だけではありません。コンビニATMの利用手数料も安いのです。銀行系キャッシュローンは銀行ですから、顧客のATM利用回数は格段に多いです。銀行のATM利用料の支払は消費者金融より割安なので、このようなことができるのです。

 

ATM手数料が無料なので、借りたらできるだけ早く返済する繰上返済がしやすいことも有利さの一つです。ATM手数料が無料だと躊躇してしまう部分がありますが、ATM手数料が無料であれば、毎日千円ずつでも繰上返済することができます。

 

もちろんキャッシュローンの利用でもコンビニATM利用手数料無料の恩恵は大きいです。もちろんコンビニATMだけではなく、郵便局のATMなども利用できますから、全国どこでも気軽に利用できます。

 

基本は抑えている

大手消費者金融と銀行の両方の性格を持っているレイクですが、大手消費者金融のサービスの基本は抑えています。契約後1か月の無利息キャンペーンなどです。このようなサービスはしっかりしているので安心して使うことができます。

 

無人機も全国の大きな駅の付近やロードサイドに設置されています。最初の申込だけではなく、レイクのATMとしても利用できます。