まずは契約

キャッシュローンでお金を借りようとする場合、まず消費者金融や銀行と契約する必要があります。50万円以下の契約であれば運転免許証だけあればオッケーです。ただ、融資限度額が低いと利率が高くなるので、できれば源泉徴収票などがあるといいでしょう。

 

審査が終わるとローンカードを発行してくれます。消費者金融によっては振込による融資をしてくれることもあります。この場合、自分の銀行口座をあらかじめ登録しておく必要があります。大手であればネットでこのような手続きができるので便利です。

 

ATMか振込か

お金を借りる方法としてポピュラーなのは、コンビニATMでローンカードを利用して借りる方法です。手数料が必要な場合もありますが、手数料を取られたかどうかわからないことが多いので注意が必要です。

 

振込の方法であれば手数料がいらないことが多いです。わざわざコンビニATMまで行く必要がありませんし、クレジットカードの引落資金が足りないと言う場合であれば、振込をしてもらった方が助かるはずです。

 

どちらの方法でもいいのですが、消費者金融で契約した場合は振込の方法が有利です。スマホからでも振込指示ができますから簡単です。ただし、銀行の場合このようなサービスをしていないことが多いです。そのかわり店舗数が多いしコンビニATM手数料が無料のことが多いです。

 

返済は繰上優先で

お金を借りたら返済しなければいけません。借入の方法により、全額返済する場合と、分割返済の方法があります。クレジットカードにおまけでついているキャッシングは一括返済のことが多いですが、消費者金融や銀行のキャッシュローンはほとんどが分割返済です。

 

分割返済の場合、毎月の返済額が少額であり、しかも利息や手数料を先に充当されますから元本が減りません。毎月の返済額のほかに繰上返済をしないと元本が減らないという事実は覚えておいた方がいいです。

 

繰上返済は、コンビニATMでもできますが、利用している銀行がネットバンキングに対応していればこの方法で返済することも可能です。多くの消費者金融などはネットバンキングによる返済に対応しており、手数料も無料であることが多いです。