キャッシュローンの審査基準とは?

審査プログラム

キャッシュローンの審査は、多くの場合審査プログラムによってされています。大手や一部の中規模消費者金融などでは審査マニュアルがあり、それに沿って審査がされているのです。つまり、ある程度定型化されているわけです。

 

審査プログラムに入力される内容は、申込書として入力された内容と信用情報機関のデータです。現在の借入金の状況などは申込書より信用情報機関のデータの方が正確ですが、収入などは申込書のデータを利用します。

 

たまに信用情報機関から金融事故がある旨のデータが届くことがあります。俗に言われるブラックリストです。ほとんどすべてのキャッシュローン審査は、このデータがあると審査をストップさせます。つまり審査から落とすわけです。

 

収入は大切ですが…

キャッシュローンの審査で一番重視されるのは収入です。収入以上の返済はできませんから、申込内容から逆算した家計支出を引いた金額から返済可能額を逆算して融資可能額を算定するのです。

 

もっとも、最近は規制緩和で50万円以下の融資であれば収入証明書を確認していません。そのため、複数の消費者金融で50万円以下の申込をしている人もいるようですが、3軒程度申し込んでいると、収入証明書の提示を求められることがあります。

 

審査では収入が一番重視されるのですが、複数の消費者金融などからの借入があると融資できる状況であっても審査を落とすことがあります。多重債務者は金融機関が一番警戒します。

 

余分なものは解約しよう

現在、消費者金融では年収の3分の1という融資制限があります。銀行であっても年収の半分程度と言われています。この金額は他の金融機関からの借入合計であり、実際に借りていないカードローンなどの限度額を含んでいます。

 

そのため、クレジットカードなどのキャッシング枠があると、融資限度額が削られてしまいます。クレジットカードのキャッシングは使いにくいことが多いのですべて解約し、新規に申し込むキャッシュローンにまとめた方が賢明です。