キャッシュローンは学生でも利用可能?

学生は社会的信用が高い

学生は社会的信用が高く、社会人に比べて安定収入がないにも関わらず、キャッシュローンを利用しやすい立場です。

 

ただし、基本的に大学生などの成人の学生が対象になります。

 

なお、クレジットカードを作った時にキャッシング枠がついてきた場合は、そのカードで少額融資を受けられます。

 

学生向けのクレジットカードにキャッシング枠をつける方法は、何かにつけて保護者の承諾がないと動きにくい学生にとって効果的です。

 

法律上は、20歳以上の成人であれば、自分の名義だけで貸金業者などのキャッシュローンの審査を申し込めます。

 

まだ生活費や学費を保護者に負担してもらっている立場であることを忘れずに、計画的に利用しましょう。

 

学生専用コースなら借りやすい

金融機関によっては、学生専用コースを用意しています。

 

まだ安定収入がなくても将来有望なだけに、同業他社に先んじて囲い込みをしているのです。

 

もっとも、毎月の収入にブレがある為、多くの金融機関で最大20万円といった低めの上限になっています。

 

選り好みしなければ、すぐに日雇いやアルバイトで雇ってもらえるゆえ、すぐに返済できる範囲で貸し付けている状態です。

 

むろん、すでに延滞記録がついている場合は、審査において不利になってしまいます。

 

学生といえども、自分の名前を出して契約している以上、その行動には常に責任がついて回るのです。

 

友達との約束をうっかり忘れたのとは違うので、十分に気をつけましょう。

 

学業を優先することを忘れずに

学生の本分は勉強であり、キャッシュローンは必要最低限にとどめるのが賢明です。

 

確かに、一時的に現金を借りて凌ぐことも有効ですが、せっかく高い学費を払ってフリーターと同じことをしていては意味がありません。

 

しっかり勉強して良い成績を残し、学内で様々な人間関係を築けば、それらは学生生活のみならず、就職活動でも大きな力になってくれます。

 

お金がなければできないことも多いので、よく考えた上で審査申し込みと、その後の適切な利用をしましょう。

 

現実でお金の勉強をするのも、学生時代の大事な学びの1つです。

 

社会に出てからは色々と忙しくなるので、ゆっくり勉強している暇がなくなってしまいます。